カテゴリー「住まい・インテリア」の12件の記事

2011年11月22日 (火)

上野村へ転居のお知らせ

いつもお世話になっている皆様

平素のご無沙汰お詫び申し上げます。
皆様に今年の年賀状でお知らせしました上野村移住の件でございますが、上野村の皆様のご配慮もあり11月末に引っ越すことになりました。

新居は
〒370-1611
群馬県多野郡上野村大字新羽956番地
となります。

 前橋にきて以来体の悪化を確実に感じていますので、リハビリをかねて水と空気の豊かな環境に移り少し瞑想しようかと思っています。(笑)冗談はさておき、山奥ではありますが、全戸光ファイバーが入っている贅沢な環境です。

是非お出かけください。(雪はあまり降らないようですが、寒くなると路面凍結の危険などがありますので、冬にお越しの際は雪用装備・スタッドレスタイヤまたはタイヤチェーン等をご利用の上お出かけください。)

三枝孝裕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月21日 (木)

枕を変えました。

職場の定期健康診断で、首が痛いと言ったら、お医者さんに枕を変えてはどうだろうかということで、ゆいの家ブログに掲載されていた創業173周年の老舗金澤屋さんに行ってきました。(もともと年配者向けの診断なので、健康だと返って残念がられます。不健康だとアドバイスが出来るので、喜ばれる不思議な検診です。)

これがなかなかたどり着かなくて。カーナビにたくさんでて全ていってみたのですが、それらしいお店が無く、iタウンページから住所を逆引きしてようやくたどり着きました。

とても親切に教えてもらいました。計る方法もあるけど、一番大切なのは寝たときの第一印象だと言うことで、金澤屋さんにすいてあった布団で実際に試して、材質が好きじゃない(固い、柔らかい)とか、頭が高いだとか、首が低いだとか、わがままを言って1cmくらいの微調整をしてもらって買ってきました。

正直高い買い物でした。自分は5千円も出せば買えるかと思っていましたが、実際には枕カバーまで入れると3倍くらいしました。値札が付いていなかったので、会計前の店内で思わずそんなにするんだと言ってしまうくらい。

結局金澤屋さんで微調整したのは自宅のベッドには調整が会わなかったので、調整剤をはずして使用していますが、いやはやよく眠れます。どのくらい眠れるかというと、自宅に帰って、ご飯を食べて、メールをチェックしたらもうすぐ寝てしまうくらいに。もともと寝るのは嫌いではありませんが、お風呂に入らずに寝てしまうのは嫌いでしたが、ちょっと試してみるかと思ったのが悪かった。そんなわけでここ数日、お風呂に入っていません。(嘘です。ちゃんと出社前までには入っています。でも病気・5月病もあいまって起きたくないですが。仕事をしたくないのではなく、ずっと寝ていたい寝心地の良さです。)値段が値段だけに余計に眠れるのかもしれませんが。

今日もこのブログを書き終わると危ない感じです。何しろテレビがおもしろくなく、虚構しか流しておらず、見る価値を見いだせていないので、よけいに眠くなってしまいます。やらなければいけないことはたくさんあるのですが、気力も起きず・・・。だらだら何もしないよりはねてしまった方がいいかと思いすぐに寝てしまいます。まるで幼稚園児並みの睡眠時間です。今更、どれだけ成長したいのか。

眠れないとお嘆きのあなた。是非枕を買えてみてはいかがでしょうか。ちなみに枕は2年くらいで交換するべき物だそうです。またあんなにするのかと思いますが、中身だけ変えられるそうなので、今度はもう少し安くなるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

シャワーから出てきた「これ」

お風呂に入っていたらシャワーが目詰まりしているのに気がつきました。裸のまま玄関にドライバーを取りに行きシャワーヘッドを分解してみました。(一人暮らしはやりたい放題ですね。)

分解してびっくり。何か黒い炭のかけらみたいな物が大量に出てきました。(お風呂にはいっていなかったらシャメを取るところですが、残念ながらお風呂場で流してしまいました。)

何だこれと思いながらもしばらく観察していました。それで結論をつけました。恐らく配管に使われている金属の酸化物とすすだろうなと。それ以上は分解できませんから、水道管依存なのか、ガス機器依存なのかはわかりませんが。

金属酸化物つまり錆ですから、体には毒です。こんなものを毎日浴びていたのかと思うとぞっとしてしまいます。本気で濾過ができるシャワーノズルを買おうかと考えてしまいます。

皆さんも一度ばらしてみるといいです。驚くほどたまっています。特にアパートは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

お隣さんがいなくなりました

1ヶ月ほど前くらいから管理会社の入居者募集掲示が出ていました。あー引っ越しする人がいるんだと思ってその時は気にしていませんでしたが、まさかお隣さんとは。

先々週の日曜日にいなくなりました。最初はやけに激しい掃除だなと思っていたら、引っ越しだったようです。相変わらずのとんちんかんぶりです。

お隣さんは恐らく学生さんなのに、この時期に引っ越しをする理由が気になって仕方ありません。11月ですよ。まだ学校があると思いますが。確かに最近放火など治安も悪く、勉学に集中できなかったのかもしれませんが。もしや、自分が問題?等と勘ぐってしまいます。

しかもお隣さんとそのお隣さんもいなくなってしまいました。

ますます自分が悪いのかと思うこのごろです。確かに男の一人暮らしなので、あれやこれやまずい音が出る物はありますが、挨拶なども交わしていて決して険悪な関係ではなかったと思うのですが。むしろお隣さんが夜中に始める掃除の方がみえだは気になっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月30日 (金)

MY○○をもとう

最近スーパーに行くとマイバッグ、マイバスケット(かご)などを持参した人には、余分にポイントをくれたり、集めて商品券にかえてくれるサービスなどをよく見かけるようになりました。またゴミ袋の有料化なども後押ししているようです。この傾向はいいことだと思います。

そしてスーパー側はお客様の努力ばかりに期待するだけでなく、二重包装などの過剰包装をやめていくことでより省資源化を勧められると思います。それこそ先日の小池さんのお話の地球温暖化防止には原油の消費を少なくすることが一番です。石油を直接燃やさなくても石油製品は作るのに相当のエネルギーを使いますから。

エコロジーと便利さは相反する物であるという技術開発が20世紀まででした。「電気をこまめに消すとか、冷暖房の設定温度を2度、今までより意識するなど」、こういうたぐいの物はつい15年くらい前までなら「けち」だとののしられたようなことです。しかし時代は変わり湯水のごとく使えた資源もなくなり、エコロジーに気を遣うことが企業美徳になりました。それで技術革新が起こり、世界有数のエコロジー技術を有する国になりました。それに国民が気づいていないことは相変わらず残念なことですが。

やはり便利さの象徴である、コンビニ。この業態が一番悪でしょうな。それこそおでん一個でもご丁寧に、パックに入れ、からし・箸を付け、袋に入れてくれる。この多くはゴミになるので、無駄な物です。最近自分は手で持てる範囲なら袋はいらないと言っていますが、皆さん結構平然ともらっていく人が多い。ガム一個でも袋に入れてもらう人など正直信じられません。

そんなこんなで、最近コンビニで買う時はマイバッグを持ち歩いてもいいなと思います。どうせパンと、おにぎりと、ジュースくらいしか買わないのですから。しかし、まだまだ男がそんな物を持って歩くと偏見があるのは確かです。それにコンビニもスーパーのようにポイント還元などするとお得さが出てより普及すると思います。現状ではゴミを減らしたことによるメリットを共感できないでしょうから。

自分が小さい頃などはよく駄菓子屋で買い物をした物です。駄菓子屋はガラス瓶や箱から取り出して食べるわけですからほとんど包装もされていませんし、その場で食べてしまいますから、ほとんどゴミも出ないような生活をしていた物です。(関連:2007/04/04 遊び

地球のためにという大儀はわかっても、それを実行できる社会的環境がないとなかなか行動には移せない物です。でも一人一人が心がけることがまず第一歩だと思います。

深夜に入力していますので、誤字脱字があったらすみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

夜の訪問者はびっくりです。

昨日夜遅くに訪問者がありました。また、新聞かなと思いつつインターホンに出ると。

「前橋警察です。」といわれびっくり。何か悪いことをしたかなと考えながら、「あけて欲しい。」というので扉を開きました。考えてみたらカメラのないインターホンではそういわれればあけてしまいますよね。

自分が何かしたわけではなく、近所で放火があったのでそれの聞き込みとのこと。夜遅くに寒い中大変だなと思いますよ。しかし勤務先、連絡先まで聞かれるとまるで犯人扱いで気分は良くないですが。その日はたまたま実家に帰っていたので、アリバイはあります。

昨日友達とメールをしていて、もし当日いたら夜中の放火では寝ているに決まっているから、証人も証拠も何もないし。レシートなど下手に証拠があるなんて自分から言い出したら、逆に怪しまれるんだろうな。とか、例え誰か家に遊びに来ていたとしても、グルになっているのではと疑えばきりがないなと。

その後どうなったのか知りませんが、夜中にサイレンが近所から鳴って離れていったので、もしかしたらカーチェイスをしていたのかもしれません。やっぱり都会は物騒だなと思いますよ。実家はご近所づきあいがあるので、(関連:2007/04/04 遊び)良くも悪くも見られていますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

コンビニのトイレにみる

今日コンビニでトイレをお借りしました。トイレそのものはきれいでしたが臭いが気になり天井をみてみました。もしかしたら換気扇がついていないのかと思い。

そしたらすごかった。

何がってホコリが。換気扇のフィルター全面についていて、あれでは全く吸い込まないであろうほどに。

こんだけ汚れているんだなとまじまじとみてしまいました。思わず写メ撮ろうかと思ったら携帯持ってきてなくて。さすがに何度もトイレに行くにも行かずそのままですが。

確かに考えてみればドア一枚で開け閉め激しいわけですからホコリはすごいはずですよ。

最近はきれいになりすぎてこんな事が気になっていますが、ホコリでは死なないので気にしない方がいいですね。気にし始めたらそれこそ何も食べられないし、そもそもさわれませんよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月24日 (土)

マイナスイオン

マイナスイオンってやつはなんだかわからないそうです。

これはちょうど大学の時当たりからはやり出した物質ですが、

我々化学系の学生でも議論になっていました。

もしOH-とかだとすればあぶないんじゃないか?

そもそもマイナスイオンって何だと。

よくわからないけど、みんな飛びついてみたという感じがかなりありました。

だから家電量販店で店員捕まえて問いただそうかとも思いましたが、

どうせマニュアルに書いてあることしか言わないのでやりませんでした。

今日の朝日新聞にやっぱりよくわからないと書いてありました。

一時期流行った「ファジー」機能と同じです。

それこそ自書「常識は破るためにある」で提言したとおりです。

関連サイト

http://www.mainichi-msn.co.jp/science/kagaku/news/20070221ddm016070148000c.html

あまり身内で楽しんでいてもしょうがないので、ブログランキングに参加することにしました。

にほんブログ村 本ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

におい

とても排水溝が臭います。

この住居に来たときからなので、

管理会社になどか言いましたがいい加減直っていません。

半分あきらめていますが、契約更新の時に言おうかとは思います。

なにしろ24時間換気扇をつけっぱなしにしているくらいですから。

においといえばみなさんは原液のアンモニア水をかいだことがありますか?

簡単に言えばしばらく掃除していない公衆トイレのにおいをもっと強烈にした感じです。

あれをしばらくかいでいると体を洗っても何をしても、

鼻に残っていてずっと消えなくていやな思いをします。

人間の感覚は記憶と密接に結びついていて不思議です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

職業

先日コメントをいただいてからずっと考えていました。

2006年11月10日 出版費用

2006年11月10日 コメント

出版、芸能界、スポーツ界、芸術界、建築、調理師、会社等々職業は様々ですが、

結局成功する方としない方の差は何か。

「お金を払えば誰かが何とかしてくれる」

こんな受け身ではなにも前に進まないと思います。

よく若手芸人や劇団員などの話で本職では食べていけないので、

バイトを掛け持ちしてでもがんばり、

チケットすら自分自身の力でチケットを売って歩いたなどという話は良く聞きます。

あちこちで文句を言われ挫折を味わいそれでも続けていたのです。

それは本の業界も同じことが言えると思います。

出版そのものは媒体ですから、それだけでは食べていけません。

出版社に自分で原稿を持ち込むと言うことは芸能界などで言えば、

芸能プロダクションやダンススクールに入ったのと同じことですから。

優秀な作品・人材であれば

出版社や芸能プロダクションの方から給料の提案などがあるはずです。

売れない芸能人などそれこそ星の数ほどいます。

だからといってダンススクールの授業料を払ったからといって納得していますし、

芸能プロダクションにはいるだけで

ぽんぽん仕事が来るわけではないことも知っています。

すべては自分の努力次第じゃないでしょうか。

あくまで他人にできるのはきっかけまで。

どんなに有名になった人でも本人が努力を怠れば次につながらす

「あの人は今?」なんて番組で取り上げられてしまうような、

一線を退かれてしまう方も多いのではないでしょうか?

ただし受け入れる側もお金ほしさでデメリットをきちんと伝えないのはいけません。

出典 「常識は破るためにある」から本ブログ用に再編集

偉そうなことをいってしまい申し訳ありません。

長い文章を最後までお読みいただきありがとうございました。

常識は破るためにある(セブンアンドワイで書籍を確認する) icon

常識は破るためにある(Amazonで書籍を確認する)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧