カテゴリー「ペット」の2件の記事

2008年1月 7日 (月)

わんちゃん(親ばかですがマジかわいいです)

先の記事で犬の話が出たので。(今年最初のお買い物は・・・26歳で老眼鏡?)実家には座敷犬がいました。親ばかですが、とてもかわいかったんですよ。それが妹が産後に帰ってくるというので、赤ん坊のためにも外に出されてしまい、雷にびびって脱走してそれっきりだそうです。

そもそも家の庭から出ないような臆病者だったのに、(いいよといってもそろそろって顔を出すくらいの物で。)外で雷というのはとても心細かったことでしょう。実家にいる頃はいつも一緒に布団で寝ているほど、かわいがっていただけに、そばにいてあげられればと悔やまれて仕方ありません。一人暮らしを始めた頃などは、犬に会いたくて帰っていた物です。そうすると犬もかまってもらえなくて寂しそうな顔をして近づいてきた物です。

今は前橋住まいですが、逃げ出したと聞いて、わざわざ実家に帰り探しましたが見つかりませんでした。寂しいですが、みえだとしてはせめて元気でいてくれればと思います。

せっかくなのでいくつか厳選して写真を載せておこうと思います。(昔の携帯がメインなので、解像度は低いです。)成長が見られてかわいいな。とても厳選なんてできませんし、余計切なくなってしまいます。

名前:ルイ・エリザベス
犬種:アメリカンコッカースパニエル
性別:♀

初めて来た日おすわり おむつルイおもちゃかみかみ お昼寝 腹だし 枕でお昼寝

るっぽ

おすまし毛刈り おむつ お昼寝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月26日 (木)

ポケモン

 ご存じポケットモンスター略してポケモンのアニメを見ました。見ていてとても不条理な話だなと思います。

 もともとがゲームですから致し方ないのかもしれませんが、最初にポケモン3種類の中から一匹選んでスタート。この時点で生き物を勝手にあげちゃうのもどうかと思いますが、そうしなければこの先ゲームが成り立ちませんので進めます。

 その後バトル、進化、イベントクリアなどの過程を進めていきます。最終クリアを目指すと。

 そもそもポケモンそのものをやったことがないので、ドラクエやFFなどとポケモンのCMのイメージを重ねあくまで想像の範疇を超えていませんが、町の人との会話からイベントに発展し、イベントクリア、バトルをして、ポケモンをゲットして、アイテムも駆使する。

 生き物同士を戦わせれば、必ず傷が付きます。しかしゲームではあっという間に消えてしまいます。しかしながら現実ではその痛みすらかなり長引きますが、一生消えない傷だってあります。どうせやるならその辺までリアルに作った方がいいのではないかと思います。

 やはり生き物はいつしか死んでしまい、リセットはできないという現実のグロさの中で私たち人間が生きていると言うことを常に意識させねばならないと思います。現実は楽しいばかりではありませんから。

 最近@niftyにテレビ番組表がついたので、見ていましたら視聴率ランキングがありました。みてみるとアニメの部ではサザエさんが20%近くありトップでした。ポケモンはスペシャルでも5%くらいでした。

 ポケモンで病人が出る騒ぎになったことで、最近のテレビアニメには「テレビを見るときは部屋を明るくして、離れてみる」と言う注意書きがつくようになった割には、5%位の人しか見ていないなんて・・・と思ってしまいます。少年誌やコミックを読む大人はいっぱいいるのにアニメは見てはいけないのでしょうか?まあアニメがやっている時間帯は大人がテレビを見るにはちょっと早いのかもしれませんが。

 大人だからいけないと言うことをかたくなに守り続けていると、子供の文化において優秀な大人が出てきたときにその才能が妬ましくなりかねません。あいつのやっていることは大人の世界では好ましくないことなのだから、自分が正しいと正当化が始まることでしょう。しかしそれは単に逃げているという気がします。時代は常に変化し、その先端に帆を向けなければ、一生懸命生きているようで、実は流されているだけだったという結末になりそうです。

 日本人はまじめだから、流されることは美学であるようですが・・・。

 追伸 最近キリ番を気にする余り更新がおろそかになっていて、申し訳なく思います。個人的にはどきどきはらはらしているのですが、それとは裏腹にアクセス数は余りのびていないようです。

関連:2007/01/13 キリ番

| | コメント (0) | トラックバック (2)