カテゴリー「ファッション・アクセサリ」の6件の記事

2008年1月 7日 (月)

今年最初のお買い物は・・・26歳で老眼鏡?

先の記事お正月はいろいろ大変だから続いています。みえだがメガネをかけ始めたのが、中学3年の時です。ちょうどパソコンで遊び始めた頃ですね。あの当時はキーボード操作でMS-DOSなんて、Window世代にはわからないようなOSを使っていました。

そのころは丸メガネをしている人が多かったので、そういう物を作りました。最初のメガネはクラックが入ってしまい、次は飼い犬にかじられて、その後カヌーをやっていて川に落としてと今のメガネは4代目です。(まあ犬が触れるところにおいた自分が悪いですし、犬はかわいいですから致し方ありません。)4代ともに前の印象と余り変わってもしょうがないので、同じような物をあえて選んでいました。

しかし最近、丸眼鏡はエロ親父みたいだとか、風呂屋のエロ番頭だとか、四角い眼鏡が似合いそうだとかそそのかされ、今までとは全く違う黒縁の枠が太いタイプにしました。いろいろ選んでいる中で良くわかんなくなってきてしまう物です。

まだできあがってきませんが、とても楽しみです。楽しみな反面ショックもありました。度が弱くなっているだろうから行った視力検査でいわれた言葉にショックです。

若い人の割にはピントの合いが遅いとのこと。(普通は年寄りしかならないそうです。)乱視が入っているので、多少は致し方ないにしても・・・。確かにテニスなどをすると近くに来ると1秒くらい全くボールが見えなくなることはあるなとは思っていましたが。だから球技は苦手だったんですが、まさか目の筋力が弱っているとは。

幸いなことに若いのでまだ眼球運動をすれば直るそうです。せっかくなので皆さんにもご紹介します。

1  3  5

2  4  6
パソコンの画面に対してこの順に目線を動かせばいいとのこと。さらにこれを逆順に戻ってきてさらに、
1     2
3     4
5     6
これも正順逆順で行うのを、1日3回始業前、休憩時間、始業後にやればいいとのこと。

さらに近視も入っていますから、つい近づけて物を見ていることが多いけれども、それを離して見ろとのこと。まるで老眼世代の人が細かい字を見るときに離す感じですよ。目が悪いことは承知していましたが、年寄りだといわれたショックを引きずっています。しかし直るなら頑張ろうと思います。

たまに家庭教師などを頼まれたときに見ていますが、皆さんくらいところで勉強しすぎです。蛍光灯の明かりだけでは足りませんから、卓上照明をおすすめいたします。それに姿勢を正して机から顔を30cm以上離した方がいいですよ。できれば学校でも補助照明を用いた方がいいともいます。さもないと目が年寄りだといわれてしまいますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月30日 (月)

耳つぼダイエット

妹がついにお店を出すことになりました。兄貴の方が独立志望だったはずなのに、すっかり先を越されてしまいました。

栃木県佐野市植野町に

8月26日オープン

耳つぼダイエット

ビューティースリム ETERNITY(エタニティー)

原理はよくわかりませんが、耳にある壺を刺激することで少しの量で満腹感を得るので小食になりやせたりするらしいです。完全予約制だそうです。(HPなので詳しくは掲載しませんが、医師会病院の真裏なので地元民にはすぐにわかると思います。)

兄貴には値引き権限もありませんし、できるのは応援してみまもるくらいですが、皆さん是非よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月13日 (日)

き も の

今年も山口きもの学院(群馬県高崎市)の男性着付けモデルに友達数人をつれて参加しました。

元来は学院の先生方のための講習会で、年に一度だけ実際に男性のモデルを使って着付けを教えるための物です。

普段着物を着る機会はなかなか無いので、授業を受けているわけではない我々には楽しいイベントです。また着物を着ると姿勢良く、体にとって最も楽な位置に落ち着きます。ですから皆さんも洋服より着物を着ることをみえだはお勧めします。(浴衣は日本式バスローブだそうなのであれは除外しますが。)

山口きもの学院長はあちこちで無償の着物着付けイベントをやっているそうですので、そういう機会を利用して是非着てみてください。受ける方は無償ですが、スタッフを集め、着物は終わればクリーニングをかけ、体型に合わせて用意された何着もの着物をしまうだけでも一苦労だと思いますから、無料というのはすごいなと関心物です。

今日の写真は後日いただいたらみえだブログに掲載します。みえだ写真集に関連写真あり。

追伸 最近のゲームセンターは体感型のゲームがいっぱいあっていいです。やはりビデオゲームよりみんなでできて体を動かすやつが好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

衝動買い

礼服を衝動買いしてきました。本当はフォーマルでもカジュアルでも履けそうな靴が欲しかったのですが、あまり欲しい物がなかったので・・・。

もともとお誕生日特典を使おうかと思い買いに来たのですが、誕生日特典で礼服も安くなると言うのでついかってしまいました。それに去年の暑い中知り合いの葬式に出たときに自分一人スーツで恥ずかしい思いをしたので、「どうせここまで来てしまったんだし、かってしまおうか。」という心理が働いたこともあります。

いろいろ礼服を見る中でやっぱりいい物と安い物を比べると断然いい物は黒の濃さが違います。とりあえず一番いい物と安い物の中間ぐらいの値段で、それなりの物を選んできました。前回は店員さんの口車に乗ってしまい、まんまと買う予定のなかった2着目のスーツ、靴、ベルト、コートを買ってしまったので、今回は全部お断りしました。(それらは全部今回と同じであってもいいなと思っていた物だったので、ついつい・・・。)

あのDMなどでよんでこれも安くなりますよと言うのはいい戦略だなと思います。特に奥さんに財布を任せていない男性なら、店員さんの言うがままにいいお客さんになってしまいます。まあ店員さんもこの人はスーツ一着しか買わないだろうなって言う人と、もう一押ししたら買うなというタイプは見分けて販売戦略を駆使していることとは思いますが。

そんなこんなでようやく会計になり、店員さん(おそらく新人さん)が提示した価格がやけに安いとは思いましたが、とりあえずレジに行きました。そうすると案の定レジを通らなくて、平謝りです。あれだけ電卓で計算していたのですが、どうも値引率を間違えて計算していたようです。

自分はすんなり払ってきましたが、あれが怖いお客さんや、ごねる人ならラチがあかなくなってしまう物です。法律的には売買契約の不成立を店側が宣誓すればすむことですが、それができず過去にパソコンや株式などで問題になりました。

人がやることには間違いがあるわけですから、それを補佐するための機械であるはずです。ですからエラー表示などが出ると言うことはやはり便利というかむしろ必須なのかもしれません。

余談が長くなりましたが、相変わらず衝動買いしている貧乏人です。当初の予算の10倍近く使っていますから、自分からしてみたらいいお客様だと思います。しかし当初の目的は伝えていないわけですから、礼服以外の物を買ってくれないので店側からするとたいしたことはないのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

着物練習

サイン会で着物を着ようかと思っていますので、

崩れたときに自分で着直せるように、

その練習のため着付け教室のイベントに行ってきました。

おかげさまで袴以外はすんなり着られそうです。(細かい仕草は忘れそうですが。)

高崎市日本絹の里 ぐんまシルク展 平成19年1月25日(木)~平成19年1月29日(月)

なかなか着物を着る機会もないと思いますので、

みなさんも無料で着付けていただけますから一度いってみられるといいです。

着物を着ると洋服と違い背筋が伸びてちゃんとします。

やはり日本人の文化にはあれが合っているようです。

途中会場で「結婚式の練習?お嫁さんがいないとかっこつかないね。」などと冷やかされながら。

友達からも結婚式の案内をもらっている昨今ですが嫁さんは・・・。

今流行の刺すような嫁さんではない見つけないと。

それもまた縁。自然の流れに身を任せるだけです。

関連情報:サイン会みえだ写真集

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月 7日 (木)

敬語

ココログのメンテナンスが終わりようやく投稿できるようになりました。

普段そんなに意識していませんが、使えないというのは不便な物です。

さて、今日は自分の本に書き忘れた項目があると思い出し書いています。

書き忘れた項目は何個もあり、何回も原稿は書き直しています。

時間を区切らなければ永遠に完成することはないくらい。

いい物を求めるとついこだわりが出てしまいます。

今回は書き忘れた項目でも特に言いたいことを書きます。

敬語の使い分けを自分も含めて最近の人は苦手としていますが、

形式を重視すると言うことは重要かもしれません。

それを意識することでそこにある本質に触れることができるからです。

敬語は相手に敬意を払う言葉です。

つまり敬語を意識すると言うことは相手への敬意を意識するのと同じです。

これは制服とジャージ、ネクタイとノーネクタイのように

ある特定の服を着ているときの気持ちの変化に等しい気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)