« 自己紹介 | トップページ | 【イベント情報+UST】『かがり火』支局長会議&読者集会 »

2012年2月22日 (水)

もったいない上野村

実は今月の頭に書こうと思って投稿に失敗したので、それっきりになっていた記事です。

上野村に来て早くも3ヶ月が経とうとしています。この間に少し村を見て回らせていただきましたが、上野村は能力があるのにほとんど使っておらずもったいないなぁと思ってしまいます。

いくつかもったいない物をあげてみようと思います。

  1. Iターンの使い方
    多くの方は上野村を気に入ってきているので、上野村の良さを知っているはず・・・
  2. 未だに都市にあこがれがある
    じつは上野村が最先端。都市は今や崩壊寸前。いかに地方から搾取するかを考え、地方に虚栄を見せつけるかにしか感心がない
  3. 成功するまでやらない
    もう少し努力すれば、成果が得られるのに途中で投げ出してしまい結局失敗する
  4. 観光客向けを意識しすぎる
    村民が楽しくないところには、観光客も来ません
  5. 箱より人へお金をかける時代
    人材育成のため、外へ出したほうがいいですね
  6. ○○がないからできない、から会話が始まってしまう
    できないを肯定すると、できない理由(言い訳)を考えてしまいます。できることを組み合わせて、どうやったらゴールにたどり着くかを考えた方がいいです
  7. 横の連携が弱い
    もう少し連携が必要だと思います。一つのイベントをやるにしても、もっといい物になるはずです。例えばしおじの湯で冬至のゆず湯をするなら、冬至だけでなく近隣の土日までやれば、餅つきで来た観光客やシンポジウムパネリストも満足して帰るわけですし。
  8. うえのテレビを過信しすぎる
    確かにケーブルテレビはいいメディアですが、自分でやるのと見るだけではおもしろさも違います

などなど。先日上野村商工会で講演された木村乃さんがおっしゃったとおり、中から見るだけではいいことが自然すぎてわからないと思いますが、外からの風が結構入ってきているのですから、うまく使った方がいいですね。

例えば自分をうまく使うならおいしいご飯を与えれば簡単に落ちます。そうすればghostwriteは得意なので勝手に企画書なり、積算書なり作り始めるので、それを自分の手柄にしたらいいと思います。

自分は基本的に楽しく生きたいだけなんですけど、自分が幸せであるためには、周りも幸せにある必要があります。今は一人なのでご飯が毎日食べられるならそれでもかまわないのですが、あんまり無料で受け続けると大家さんに家賃払えなくなるので、全部はできません。

あんまり自分PRをしても仕方がないので、具体的に改善事例を一つ挙げましょうか。
今上野村のキノコは紀伊国屋さんを始め都内でも販売が始まっています。さらに東京青果市場(大田市場)までイノブタと神流川などがかかれたデコトラが走っています。デコトラが東京まで行っているのですから、そして先日せっかく上野村のテーマソングを作ったのですから、8時から20時までは、これを流した方がいいですね。

まず、音で人の関心を引き、そして画像を飛び込ませる。ちょっとしたことかもしれませんが、変えようという心が大切だと思います。

|

« 自己紹介 | トップページ | 【イベント情報+UST】『かがり火』支局長会議&読者集会 »

上野村」カテゴリの記事

コメント

三枝さんのブログ、面白いですね。
全面的に共感できることばかりです。
山開きでご一緒するのがますます楽しみです。
よろしくお願い申し上げます。

投稿: 打田鍈一 | 2013年4月14日 (日) 01時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188237/54049305

この記事へのトラックバック一覧です: もったいない上野村:

« 自己紹介 | トップページ | 【イベント情報+UST】『かがり火』支局長会議&読者集会 »