« 後藤新さんを応援しています | トップページ | 暮らしの中に哲学 かみえちご »

2011年7月14日 (木)

群馬県知事選挙を終えて

パソコンが熱暴走して、ほとんど書き上がったところで落ちた。保存しようか面倒だからいいかと思うといつもこうなる。

群馬県知事選挙が終わった。思い起こせば始まりは3月11日の大震災の日。

3月11日新前橋駅前から前橋問屋町への引っ越しを手伝うだけのはずでした。縁とは不思議なモノで、パソコンのネットワーク構築をしていたのが、県議の政策資料を作るようになり、いつの間にか選対の広報担当になっていって。本当に大変な4ヶ月でした。

日本に変化が起こったあの日、揺れる中引っ越しをして、まさかあんな大惨事になっているとは。そして、何も変わらなかった群馬県。

少し、事務所時代を振り返りますが、本当に引っ越しがすきな事務所でした。自分は引っ越しを手伝いに来たわけですから、仕方がないことなのかもしれませんが、

  1. 大震災の中新前橋駅前から引っ越し
  2. 事務所開き集会のため、事務机撤去
  3. 机戻し
  4. 人員増加に伴う模様替え×5
  5. 出陣式のため事務机撤去
  6. 机戻し
  7. 選挙当日の会場作り
  8. 撤収

細かいモノを含めるともっとかもしれません。

いわゆる選挙屋さんが少ない事務所だったうえ、好き勝手に行動する勝手連的な組織だったので、後藤新を本当に好きな人の集まりの中で、和気藹々と仕事ができました。多くのボランティアの皆様にも支えられ、自分も事務所から一円もお金をもらっていませんし、何で手伝っていたのか不思議です。結局は大変だったけど自分も楽しんでいたということでしょうか。

そんな事務所が選挙ムードになってきたのは角倉邦良県議がきてからでしょうか。それと同時に自分の仕事も忙しさを増していきます。何しろ告示前までに選挙期間中に使う書類の準備し選挙管理委員会の承認を取らなければならない上、ホームページ、メルマガなども告示までしかできないため、正直オーバーワークだったと思います。

後藤新氏が外に出す資料はよりよいモノを出したいと、ギリギリまで差し替え指示がくるのも忙しさに拍車をかけた原因かもしれません。ついこの間まで身内だった県庁職員を批判する気も肩を持つつもりもありませんが、彼らにあのレベルの仕事を望むのは酷だと思います。やる気がない人は、みえだがやれば2,3日の仕事を1週間以上かけてやっている職員(だいたいは定時少し前にきて、定時で帰る職員ですね)と、そいつらがやらないから結局自分でやるしかなくなって人の何倍も働く優秀な職員(だいたい深夜まで残業している)の両極に偏った組織なのですから。余裕がなければクオリティーの高い仕事はできませんし、余裕のある人は優秀ではないのですから。(まあ、要領が悪くて残業している人もいますけど)

選挙のプロがほとんどいなかったにもかかわらず、事務所スタッフは良くやったと思います。自民党の選挙のプロたちが固めた現職の壁は厚かったということを実感します。政治・選挙は自分が今まで生きてきた世界とは違う世界だとつくづく思います。今まで政治に関心がなかったわけですが、自分が関わると立ち位置が変わります。

いつのまにか三十路に突入し、メールチェックもせず、内山節先生の講演会にも行かず、すべてをかけて戦ってきたわけですが、まさかあんな色ぼけ棒読み知事に負けるとは本当にやるせないです。県民が知らなかっただけで、県議の多くも知る事実。それでも県議のほとんどは現職支援についた。こういうことをするから政治不信になっていくんだと思います。

貴重な出会いに感謝申し上げます。ありがとうございました。

関連ニュース:【群馬県知事女性問題】大沢知事に抗議230件 「公舎に女性泊めるとは何事だ!」 - MSN産経ニュース 1人で35冊買い占めも 

|

« 後藤新さんを応援しています | トップページ | 暮らしの中に哲学 かみえちご »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

哲学3人塾以来ですね。ご無沙汰しています。
群馬県はまさに色ボケ知事をまた選んでしまった訳ですね。
でも、三枝さんの様な若手中堅がかならず今からの社会を作るわけですが、今後も一層頑張ってください。

投稿: ishikawa | 2011年7月15日 (金) 09時45分

ishikawa様

ご無沙汰しております。
今回は本当によい経験をしました。
いつものことですが、普通に暮らしているだけではあえない方との出会い本当に感謝しています。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

投稿: みえだ | 2011年7月15日 (金) 13時57分

ドイヒーな知事は、早くやめて欲しいですね!
群馬県民としても恥ずかしいです。
NHKの選挙演説をたまたま見ましたが後藤新氏が一番良かったです。
なかには、まともにビジョンが見えない知事候補者で前知事の小寺氏の事ばかり主張している人がいましたね。
たぶん、ドイヒーな知事は、総理より早く辞めさせられるし、県民が許さないと思います。
次期候補は、後藤氏だと思うので頑張って支えてあげてください。応援してます。

投稿: 島 耕作 | 2011年7月16日 (土) 03時08分

島 耕作様

コメントありがとうございます。
まあ、やめるかやめないかは本人の判断なので、周りが騒いでも仕方ないことかもしれません。
個人的には潔く辞任するべきだと思っています。自分が敵陣にいたということは関係なく、万が一リコールということになれば、傷つくのは知事一人ではすまない事態です。あちこちに飛び火する前に決断された方が、支援者のためにもなるのではないでしょうか。

投稿: みえだ | 2011年7月17日 (日) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188237/52206258

この記事へのトラックバック一覧です: 群馬県知事選挙を終えて:

« 後藤新さんを応援しています | トップページ | 暮らしの中に哲学 かみえちご »