« ワンセグ | トップページ | GOOD_WILL »

2007年6月 5日 (火)

年金と公務員

昨今の年金問題はすごい問題だと思います。5000万人といえば日本の人口のほぼ半分です。こんなこと民間ですれば大問題だと思います。まず間違いなく倒産でしょうね。

一般職員のコメントで我々のやったことではないと言ったような発言をテレビでしていましたが、確かにその通りです。しかし民間ではそんな発言は許されないのです。

その点で言えば公務員は甘えていると言わざるを得ません。また人より高給取りな幹部職員は本来責任者であるからそれ相応の給料をいただいているのです。責任者は普段何をしていようが、責任を取るためにいるのです。

今時切腹をしろという気はありませんが、そういう精神は必要だと思います。どうもお上はおまえらのためにやってやっているんだという態度で行動をしています。これはいかがな物かと思います。

年金などの諸問題には本ブログでも何度か取り上げていますが、少子化だから産め、年金は義務だから払えと上から物を言うのではなく、物事には必ず原因(理由)が存在するのですから、それが何なのかをちゃんととらえてもらいたい物です。(自分はとりあえず税金と同じだと考えていますので、払った分が最悪返ってこなくなったとしても払っていますが、本心は払った分くらいは返してもらいたいなと思います。)

でも自分の権利と、今時の票にしか関心がなく、答弁も官僚の言うがままの政治家の皆さんでは難しいかもしれないですが。全部が全部悪いとは言いませんが、本当にわかっている方を上げる方が難しいかもしれません。

今日本人は良き物をどんどん忘れ欧米化しています。日本人には日本人にあったグローバル化があると思います。むしろ日本人だからこそ大和魂を発揮すれば、国際社会のリーダーになれるかもしれません。

関連:2006/09/27 年金

2007/03/02 機会と少子化と専門家

|

« ワンセグ | トップページ | GOOD_WILL »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188237/15325678

この記事へのトラックバック一覧です: 年金と公務員:

« ワンセグ | トップページ | GOOD_WILL »